業績よくてもキャッシュは不足

  かなり久しぶりの更新になります。

 これを書いても読む方がいるかは、甚だ疑問ですが。だからこそ、肩の力を抜いて書けます。

 さて、昨年の日経平均は大変な上げ相場となりました。それだけ、企業業績は回復し、景気回復期待も強かったということでしょう。

 そんな中、本当に企業業績が回復していると、問題がないのか考えなければならない業種もありそうです。

  特に、マーケットもので儲けが出ている業種です。たとえば、コモディティ、特に非鉄などの素材系だとか、石油関連などです。ちなみに、こういった業種では為替によってもかなり業績は変わってくるのが通例です。

 さて、こういった業種での不安の種はなんでしょうか? よくあるのは、在庫の時価評価などでP/L上では利益がすごく出ますが、キャッシュが足りないといった問題です。

 仕入れと販売までの運転資金はもちろんですが、P/L上では利益が出ることから税金もバカになりません。どちらもキャッシュが必要となるため、こういった企業では利益が出ているにもかかわらず、運転資金の調達が必須となります。

 そういった意味では、景気が良く利益が出ている今こそ、コストダウンによるキャッシュ確保が必要となるのです。

 利益が出ているのだから、新しく設備投資を打とうなどと考えるのは、それはそれで重要なのですが、キャッシュフローの問題はよく考えておかなければなりません。



[PR]  無料で読めて、楽しめる新型雑誌「Manyo」スタート!
[PR]  不動産投資のバイブルが500円(ワンコインオーディオ)で購入可能!!





 参考になったという方はクリックをお願いします→人気blogランキング
posted by よこはま at 01:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 財務戦略
この記事へのコメント
お久しぶりです。

あっ、年も変わりましたので
明けましておめでとうございます!ですね。
今年も宜しくお願いします。

ちゃんと読んでますよ〜!(笑)
また、楽しみにしています!
Posted by みらい at 2006年01月03日 22:14
みらいさん。
コメントありがとうございます。
随分と休んでいたのに、また読んでいただけるなんて光栄です!
これからも、たまには更新しようと思いますので、よろしくお願いします。
Posted by よこはま at 2006年01月09日 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。