一芸に秀でる

 会社で楽しく気持ちよく仕事をする秘訣はなんでしょうか。それは、余計のストレスがない状態で仕事ができることだと思います。

 マズローの欲求段階説によれば、欲求には下記の5つがあり、人間は低次の欲求が満たされると、次の次元の欲求が生じるとされています。
 「生理的欲求」・・・人間の生存に関わる欲求
 「安全の欲求」・・・安全な状態を求める欲求
 「所属と愛の欲求」・・・集団や社会に所属し、そこで良好な人間関係を築きたいといった欲求
 「尊厳の欲求」・・・他社から尊敬されたいといった欲求
 「自己実現の欲求」・・・自己の能力を高めたいといった欲求

 この中で、まず「所属と愛の欲求」を満たすことが、職場で余計なストレスを感じることなく、仕事に打ち込めるようになると思います。

 そのためには、自分が会社から必要とされているようにならなければなりません。代わりはいくらでもいるからと言われてしまうと、自分の存在意義が否定されたようで、モチベーションを保つのは難しく、ストレスも溜まりやすいでしょう。

 では、自分が会社にとって価値のある人間となるには、どうしたらよいでしょうか。もちろん、仕事をばりばりこなし、会社の利益に貢献できるのであれば、何の問題もありませんが、誰もがそうなることは難しいですし、管理部門などに所属している場合には、直接、利益に貢献するような仕事はあまりありません。

 そういった場合に我々が取るべき戦略は、一芸に秀でる戦略です。

 例えば、知的財産分野の法律に関しては、法務セクションを含む会社中で誰よりもよく知っているとか、税金については税理士も顔負けの知識を有しているとかです。

 また、平均年齢の高い企業であれば、エクセルならばどんなややこしい処理でもVBAで作成できるとかなどの、IT系の特技も重宝されるでしょう。

 要は、ある分野ことに関しては、部署も関係なく、貴方に聞かないと誰もが不安がるような状態です。そうすると、自然と貴方のところにその分野の情報が集まってくるようになり、更に貴方の独壇場となるでしょう。

 こういった、得意分野をひとつずつ増やしていき、貴方の商品メニューが多くなればなるほど、会社の中でのステイタスはアップしていくでしょう。貴方の発言が経営者の意思を左右するほどになればしめたものです。

 そして、仕事ができるようになっていくと、猛烈に忙しくなっていきます。仕事ができる人には、仕事が集まってくるからです。

 こうなって来たときには、忙しくて大変ではありますが、自分が所属する集団から必要とされたいという「所属と愛の欲求」が満たされます。

 そこで、初めて次の欲求である「尊厳の欲求」や「自己実現の欲求」を満たすことを考えるようになり、それを満たすために、仕事の質を高めるべく、行動するようになっていくと考えます。

 皆さんも、質の高い仕事をしたいと思うならば、まずは、「所属と愛の欲求」を満たすべく、一芸に秀でることを目指してみてはいかがでしょうか。

[PR]資格・スキル・趣味・学校の専門サイト【VeeSCHOOL.com】

[PR]選べる資格.com




当サイトへご来訪ありがとうございます。ランキングに参加しておりますので、下記リンクのクリックを何卒お願い申し上げます。
人気blogランキング
posted by よこはま at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新入社員に贈る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

☆成長のステップを素早く踏んで高みを目指す☆
Excerpt: こんばんは、丸山聖司です。■15時にセミナー終了。。。!何とか乗り切りました?!65分!! (プレゼン30分、ディスカッション?!35分)中国、上海エリアに関する飲食と不動産の関係について、語ってきま..
Weblog: 【勝・環境創造/ニュービジネス日記】
Tracked: 2005-03-11 12:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。