社内情報収集

 ビジネスの情報収集というとインターネットや新聞などですることが多いと思います。また、社外の人とのミーティングなどで、情報を得られることもあるでしょう。

 それでは、社内の情報というのはどうでしょうか。ナレッジマネジメントが徹底している企業では、様々な情報が社内LANに乗っていると思います。

 しかし、オフィシャルにできる情報というのは、もうすでに皆が知っていることなので、情報としての価値はあまり無いかも知れません。むしろ、まだオフィシャルに出来ないような情報の方が、もしろ利用価値が高い場合が多いと思います。

 では、どうやって社内のアンオフィシャルな情報を収集すれば良いのでしょうか。

 私のお勧めの一つ目は、タバコです。タバコを吸う人はよくわかると思いますが、最近ではオフィス内は禁煙のところが多く、タバコを吸うには喫煙所に行かなければなりません。喫煙所では他部署の人などとも会う機会が多く、自然と他部署の事情に詳しくなります。「最近はどう?」とか、「今、どんな仕事してるの?」などという会話を通して、色々なアンオフィシャルな情報が入ってきます。もちろん、人から聞くだけでなく、自分からも情報を発信するなどギブ&テイクが大事です。ちなみに、私はタバコを吸わないのですが、お茶を飲みに喫煙所に行ったりしています。

 次に他の人のスケジュールからも情報収集は可能だと思います。これは、スケジュールが社内LANなどで公開されている場合でないと難しいのかも知れませんが、他部門の管理職などが社外の誰と会っているのかなどを見るだけでも、他部門の動きがわかる場合があります。他部門とは言わないまでも、自分の上司がどこで誰と会っているかなどは知っておく必要があると思います。

 最後に、常務会などの経営者レベルが出席する会議の資料です。これは、あまり簡単には公開されない資料だと思いますが、これほど会社の方向性や方針がわかるものはありません。是非、コピーを手に入れるか、せめて会議を主催している部署(総務部等)の知り合いから資料を見せてもらうぐらいはしたいところです。

 いくつか、情報収集の具体的方法を書いてみましたが、とにかく、情報は早く入手していかないと、いつまでたっても上司の後手後手に回ってしまい、なかなか自分から提言していくような仕事ができません。

 自分から企画を提案したり、課題の解決方法を提示したりするためには、むしろ経営者よりも早く情報を収集し、備えておく必要があると思います。


当サイトへご来訪ありがとうございます。ランキングに参加しておりますので、下記リンクのクリックを何卒お願い申し上げます。
人気blogランキング
posted by よこはま at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新入社員に贈る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。