ストックビジネスとフロービジネス

 ビジネスを分類する考えのひとつにストックビジネスとフロービジネスというものがあります。
 
 不動産ビジネスにおける具体例を挙げて、考えてみたいと思います。
 
 まず、ストックビジネスは、バランスシートに計上される資産から、定期的にキャッシュフローが生み出される不動産賃貸などです。不動産を保有しているだけで、賃貸料が安定的に入ってきますが、賃貸料ですので、リターンは小さいものになります。

 次に、フロービジネスは、不動産を購入し、他者に売却することで利益を得る不動産売買などです。有価証券でいうところのキャピタルゲイン(値上がり益)を得ることができますが、売却時の不動産の価格によっては、かなりの利益を得られたり、逆に売却損が出るかもしれないなど、リターンも大きい分、リスクも大きくなります。

 では、ストックビジネスとフロービジネスでは、どちらが良いと思いますか?

 これは、どちらが良いということではなく、どちらも一長一短あります。こういったビジネスを、どちらかに偏ることなく、バランス良く両方とも持ち、プロダクト・ポートフォリオの分散を図ることが、リスクヘッジになります。

 ストックとフローは金融商品で言えば、債券と株式です。両方を保有していれば、債券で安定収入を確保する一方で、株式でチャンスに応じて大きく稼ぐことが可能となります。

 しかし、株式だけでは、キャピタルゲインを得られる状況になるまで、全く収入がなく、かつ、必ずキャピタルゲインを得られる保証はありません。また、債券だけでも、収入は安定するものの、なかなか次の投資に充てるような大きな利益を得ることができません。よって、両者をバランス良く、保有する必要があるのです。

 因みに、官公庁が導入するシステムの入札などで、1円で落札されることがあります。これは、官公庁向けの導入実績を積むことも目的ですが、実は、1円で落札しても、その後の定期的な保守料収入を見込んだものであり、こういったシステムの保守なども企業ではストックビジネスとしてとらえ、安定した収入源のひとつと考えています。

[PR]不動産投資物件なら投資物件.COM

[PR]株式投資は銘柄選びがすべて!「銘柄発掘ナビ」(月額3,150円)

現在サービスの一部を無料提供中








当サイトへご来訪ありがとうございます。ランキングに参加しておりますので、下記リンクのクリックを何卒お願い申し上げます。
人気blogランキング
posted by よこはま at 02:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 経営戦略
この記事へのコメント
こんにちわ。すばらしいブログですよね。
私は某証券会社勤務で3年目になります。
「今日の収益はどれだけできた?」ではなく、
「今日はどれだけいいアドバイスができた?」
と顧客第一の環境を維持してます。
これは安定収入にも繋がりますよね
私のブログでもそうありたいです
こちらのブログのようにすばらしいブログにしたいです
よろしくおねがいします
Posted by 木下義孝 at 2007年04月08日 12:03

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://77apmh0.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月01日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。