数字が必要

 ビジネスでは数字が大事です。例えば新しい商品を企画した時、経営者が知りたいのは、売り上げがどのくらいになるのか、利益はいくら位になるのかです。

 正直にいって、売り上げの予想というのは、大変難しいと思います。しかし、我々はいくつかの前提を置いてでも、数字を予想する必要があります。

 例えば、自社ユーザの100人に1人が購入してくれるだろうという仮定をおき、そこに単価を掛けて売り上げを予想します。そして、費用では材料費、人件費、システム費などを想定します。

 こういった前提を置き売上高・利益を予想すれば、前提の妥当性の検証によって、大まかな数字が推定されます。

 ビジネスでは、こういったザックリとした数字を推定する場面も多々ありますので、日ごろから数字でモノを考える癖をつけると良いと思います。

[PR] ケータイサービスはPCで探す!keitai55.jp

[PR] 明日来る!?今日来る!?アスクル!?明日来る!?今日来る!?アスクル!!




当サイトへご来訪ありがとうございます。ランキングに参加しておりますので、下記リンクのクリックを何卒お願い申し上げます。
人気blogランキング
posted by よこはま at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者的視点を持つ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。